目的>戦略>技術

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20190921133057j:plain

今回は研修医の人に伝えたい記事です。今まで考えていたことが、とあるTweetから文章にしたいと思ったので書いてみようと思います。

 

目的>戦略>技術

昔から心がけていることの一つとして、目的を決めて戦略を練って行動をすることです。そして1番大切なのは、最上位に来るのが目的です。

 

刷り込み教育で若い時は技術を磨かないと駄目、資格を取らないと駄目という考えはあると思いますが、目的がなく行動しても意味がありません。

 

名声を得るためにはどうすべきか。一流になるならどうすべきか。お金を稼ぐにはどうすべきか。QOLに生きるならどうすべきか。目的が違えば戦略、行動は違います。

 

専門医や学位はよく議論になりますが、目的があるから取るものです。使用価値の分からないままに取得を目指しても、目的に合わないなら徒労に終わります。

  

 

医師の将来を危ぶむ人はいますが、必ずしも専門性を極めることがマーケットバリューを高めるとは限りません。

 

マーケットバリューは人的資産(コネ)、技術資産(専門性、経験)、業界の生産性(一人あたりの粗利)で構成されます。

 

目的は人それぞれでしょうが、目的にあった戦略を持ち、行動する上でこれらの要素は考えておくべきでしょう。技術資産は一つの要素に過ぎません。