株式投資を始めて2年が経過

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20180217183320j:plain

本格的に株式投資に参戦したのが研修医1年目の9月だったので、ようやく2年が経過しました。だいぶ考え方が固まってきたので、備忘録として書きます。

 

去年、同様の記事を書いたあとから相場が怪しくなりました笑。

2017年の投資

 

証券口座自体は4月から持っていて、初任給からS&P500に投資しようと思ってましたが、この時でも割高だと二の足を踏んでました。

 

そして待っても落ちてこないので諦めて2500ポイントの頃に買いました。その後は順調に上がりましたが2018年2月に大幅な調整を受け、これが初めての下落相場でした。

 

この時から少し個別株も持っていて、仕事中に地獄へ落ちるような画面は今でも覚えてます。そこで手放してしまった株もあるので、愚かでした。

 

2018年の投資

f:id:irohas111:20180924092737p:plain

記事を振り返ってみると、1年前は個別で日本株33%、インデックスで日本を除く全世界株15%、米国43%、欧州3%、新興国6%という割合で持っていたようです。

 

実はこの時持っていた日本株は今振り返ると大化け(IRJ、MSOL)を握っていたのですが、上る前に手放してしまいました。持っていたらかなり利益が出ていたので悲しい。

 

1年前から考え方は世界分散に寄っていて、アメリカが多めで、欧州や新興国を集めようとしていたようです。振り返ってもまずまず合格点だと思います。

クリスマスショック

そして記憶に新しいクリスマスショックが起こりました。持っていた株の殆どが含み損になったと思います。あの時の空気感は大変勉強になりました。

 

年末年始は絶望の状況で悪いニュースばかり出ていました。総悲観のような状況で投げ売りすることはなかったですが、今思えばもう少し買い増しすれば良かったです。

 

この頃から新興国にウェイトを置こうと考え、VWOを中心に買い始めました。同時に個別株は卒業しようと思いましたが、愚かにも個別株は続けてます笑。

現在のアセットアロケーション

・コア戦略(世界分散)

全世界株8%(iDeCoとNISA)

米国ETF21%(VGT,VHT,VDC)

新興国ETF25%(VWO,DGS)

------------------------------

・サテライト戦略(バリュー株)

米国株個別16%、日本株個別15%

------------------------------

・安全資産

キャッシュ(円)15%

今も方針は世界分散です。半分以上はコア戦略として世界分散をホールドする方針です。世界分散でも基本的に人口増加が期待できる、米国と新興国に重きを置いてます。

 

そして愚かなサテライト戦略としてはバリュー株を中心に集めてます。銘柄は多いと管理できないので10銘柄以内です。個別に関しては多くても資産全体の3割程度です。気分的にはインデックスがつまらないという理由の、ギャンブル的な趣味です。

 

他のアセットに関しては今は考えていません。基本的には株式を優先して、相場の状況や許容度に合わせて円を安全資産として持つ考えです。

これからの方針

2年が経過しましたが、自分にあっているスタイルに落ち着いたように思います。半分は米国と新興国の世界分散で固めて、残りは安いものを買うだけです。

 

少し話は逸れますが、最近読んだブログがあります。

ishippon.blogspot.com

 

この方はコア戦略で3分法(米国、新興国、欧州)で、サテライト戦略で個別国ETF、日本株を集めています。考え方が非常に近いので今後もウォッチしようと思います。

 

僕も人口増加をファクターとした投資を重視しているので、機会があればフロンティア国(ナイジェリアなど)を思いっきり買おうと計画しています。

 

予定としては現在保有している個別株を2〜3年で手放して、徐々にフロンティア投資を始めようと思います。その時までにサクソバンクが特定口座に対応していればいいですが…。