僕の考えている副業とは

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20190501123149j:plain
『令和』という新しい時代になりました。1発目の話がお金絡みの胡散臭い記事になってしまい申し訳ないのですが、今回は副業に関しての考えを書きます。

 

働き方の1つとして話題の副業ですが、実際にはどうでしょう。

勤務医で可能な副業とは?

勤務医が経済的自立を果たす1つの方法として副業が挙げられます。この点に関しては様々なブログで取り上げられていて、いまだ金と時間を持たざる医師たちへ では自分のビジネスを持つ重要性が語られています。

 

この道をリアルタイムで攻略しているのがラス先生です。新設されたお金の外来でヒントを与えてくださってますが、合理性を突き詰めた答えだと思います。

 

振りが長くなりましたが、具体的に勤務医で可能な副業はどういった種類の物があるでしょうか。僕は主に5つあると考えています。転売は面倒なので省きました。

 

①不動産投資

②WEB運営

③コンテンツの販売

④セミナー

⑤本業の業務委託

 

これらを簡単にレビューします。

①不動産投資

不動産投資に関して優位なところは簡単にレバレッジをかけられる点です。医師は社会的信用が高いので銀行から融資を引っ張ってきて、そこからの投資が可能となります。上手く行けばお金がお金を生むステージに最も早く近づく方法であり、リスクはありますが、経済的自立を果たす上では有効な戦略でしょう。

 

②WEB運営

WEB運営に関しては広告収益です。収入を得る方法は主に2つでAdSenseのような広告をクリックしてもらうか、AmazonアソシエイトやA8.netを通して商品を買ってもらう形になります。こちらに関してはゼロリスクであり、やって損することはないですが、誰でも思いつくので競争はとても激しいです。YouTubeもここに含まれます。

 

③コンテンツ販売

コンテンツとザックリ書きましたが、売れる物だったら何でもOKです。その中でも優れているのは情報です。怪しいことを言っていますが、要は在庫を持たないことです。Kindleに出版したり、noteを作成する類のものが有名です。もちろん本業を生かして書籍を販売することも含まれるでしょう。medu4もここに含まれますね笑。

 

④セミナー

お偉い教授がやる講演からオンラインサロンまで様々な形があります。社会的信用の高い人が、その話を聞きたいと思う人を集めて集金するスタイルです。良い悪いは言いませんが、人間の特性をよく理解したスタイルだと僕は思います笑。

 

⑤本業の業務委託

これを副業と言っていいかは意見が分かれますが、医師の職業で個人事業主として業務委託を受けることが出来るものです。僕の知っている限りだと①放射線科の読影②病理診断③労働衛生コンサルタントの業務が可能と認識しています。これらの場合、事業所得として業務が可能で、経費等を計上できる観点から副業としました。

 

オススメの副業は?

5つの例を挙げましたが、より経済的自立を意識すると、『自動化』が鍵となります。要は自分が寝ている時にチャリンとする不労所得にどれだけ性質を近づけるかです。

 

この考え方はティモシー・フェリスの「週4時間」だけ働く。が有名であり、この手の本やブロガーさんの記事の元は大概がコレです。

「週4時間」だけ働く。

「週4時間」だけ働く。

 

 

一概には言えませんが、自動化の側面から考えます。

 

①不動産

不動産に関しては性質そのものが自動化です。もちろん管理する手間はありますし、背景には沢山の勉強が必要な類のものですが、キャッシュフローさえ上手く確保出来れば最強だと思います。一番優れたものです。

 

②WEB運営

WEB運営に関しては取扱が難しいです。趣味で書いているブログが収益化出来れば良いですが、収益を目的としてアフェリエイトサイトを作るのは労働です。そこをクリアするのはライターを雇うことです。裏技ですがサイト売買も可能なので、既に完成されたサイトを購入し、その記事作りを人に任せるといった方法なら自動化は可能です。逆にサイトを売却するという手もあります。

 

③コンテンツ販売

こちらに関してはヒット商品を作れるかどうかですね。以前に紹介したZetton先生資産形成レジデントマニュアルは良い例です。一方で何日もかけて渾身のコンテンツを作った所で誰にも買われなかったら終わりです。情報でも、文字・音声・動画と色々とありますが、ここにも工夫は必要ですね。

 

④セミナー

ツイッターで製薬会社からドクターがいくら貰っているのかを調べるサイトが話題になりました。やはり社会的信用が高い人の場合だとザクザク入ってきますね。この場合だと自分の時間を売る必要がありますし、準備をする手間もあります。この点は自動化とは言い難いですね。オンラインサロンに関してはノーコメント。

 

⑤本業の業務委託

こちらに関しては自動化は不可能ですね。労働単価を高めるのみです。

 

1番現実的なのは不動産だと思います。他の場合で持続的な収入を得ようと思うと格段に難易度が上がります。少し皮肉めいた書き方をしますが、薄っぺらいモノで、信者を見つけてぼったくるような人も数多く存在します。それは良心に任せましょう…。

 

いずれにしても楽してお金を稼ぐなんて無理です。簡単そうなモノは誰でもやるので競争は激しいですし、不動産に関してはリスクを取る必要があります。この点を抑えておかないと、くたびれ損となります。

 

僕が考えている副業とは?

ダラダラと私見を述べてきましたが、僕自身の話をしようと思います。僕が行う予定としているのはWEB運営、不動産、労働衛生コンサルタントを主に考えています。そして、もし渾身の作品が出来、十分に販売出来ると判断すれば情報を売ります。

 

理由を書きます。WEB運営に関しては、このブログを含めてある程度の収益を築けている点があります。しかし必ず淘汰されると思います。Googleの検索順位が変わった瞬間にオワコンになりますし、実際にブームは去りつつあります。

 

その中で、自分が好きなことを狭い対象に向けて複数書くことが僕なりの答えです。実際に運用しているのは①当サイト②地元の飲食店の紹介サイト③購入品紹介サイトがありますが、③は駄目ですね。層を絞れてないのでPVが上がらないです。

 

時間が出来たのでニッチなサイトを増やそうと思います。場合によってはサイトを買ってみて、ライターさんに頼むかもしれません。ここは検討します。

 

そして不動産ですが、コレに関しては勉強しないと絶対にゴリラの餌になります。本を読んで勉強してますが、やはり難しいです。努力して、何度も内見してイケる!と思えば参入しようと思います。結果として手を出さない可能性も十分あります。

 

最後に労働衛生コンサルタントです。これは本業の派生なのですが、住んでいる地域に少ないので、希少価値の高い存在になれる方法の1つです。もちろん労働なのですが、参入障壁もあり持続的な収益を得られるので、僕はアリだと思います。

 

実際は難しい試験で簡単なことではないのですが、経済的自立を助ける保険としては持っておきたい資格です。勉強すること自体は本業を深めることになるので無駄になりません。僕の場合はやって損するようなものではないと思います。

最後に

長々と書いてきましたが、あくまで”副”業です。僕は本業収入だけで十分に暮らすことが出来るので、無理して手を出すものではないです。

 

あくまで経済的自立を果たす上での攻略ツールの1つであり、繰り返しになりますが楽して儲けるタイプのものではありません。人生甘くはないです。

 

インターネットのおかげで誰にでも参入が可能となりましたが、その分だけ競争相手は沢山います。その人たちに勝つためには自分の戦える市場を見極めないと駄目ですし、誰よりも努力・工夫をする必要があると僕は思います。