攻略本を読んでするゲームのつまらなさ

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20190429182840j:plain

今日は記事を書くつもりはなかったですが、尊敬しているゆるい整形外科先生の記事に取り上げて頂いたので、急いで記事を作成しています。

orthopedist.blog.jp

攻略本を読んでするゲームのつまらなさ

(ブログより転載)

意識高い系の急性期病院勤務医から、いきなりフリーランス医師になる必要もないと思うよ。

エッチだっていきなりパンツは脱がさないでしょう。そこまでは前戯があるように。

僕が医者になるなんて胃が痛い。先生もそうだけど、若い先生たちはいきなりが好きだね。

 

本当にそうだなーと当事者ながらに思います。僕は極論になりがちで、生き急ぎのような選択をする傾向にあります。今回の選択も同じで、深みのある選択ではないです。

 

RPGに例えた場合、悪戦苦闘しながら攻略していきボスを倒すのと、攻略サイトを見て効率的にするのがどちらが楽しいかと問われれば多くの人が前者だと答えるでしょう。

 

一方で攻略サイトが出来てしまった弊害とも言えるわけで、僕みたいな若者がこのような行為に走っているのもその影響かもしれません。

 

実際にキャリア形成に関しては昔はノープランであり、まさか自分が臨床医をやっていないとは想像すら出来ていませんでした。

 

僕の場合は効率が良いとは言い難いですが、今ある資本主義のゲームをどうクリアするのかに囚われており、それが肯定できるかと言われれば分かりません。

 

その過程でトロフィーコンプを目指すばかりでゲームそのものが全く楽しくなくなるという本末転倒では、人生はクソゲーになってしまいます。

 

薄々感じてはいたことですが、改めて肝に銘じます。