FIREの強み

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20190410182319j:plain

ツイッターの方でFIREが話題に上がっていたので取り上げようと思います。以前から僕のブログでは何度か取り上げているネタですが、改めてFIREの強みを考えます。

FIREの強み

FIREとは「Financially Independent Retire Early」の略で「経済的自立&アーリーリタイア」のことです。昨年あたりにアメリカで話題となってよく聞くフレーズとなりました。基本的には質素倹約を行い、その余剰金を投資に回して、投資から生まれるお金が生活必要費を上前れば達成です。

 

僕は初期研修医1年目からFIREを目指しています。生活費を見直して、余ったお金は状況に応じてETFにぶっ放してます。このサイクルはすでに定着してしまったので、ひたすら倹約→投資→再投資のサイクルを回すだけです。

 

仮に毎月50万を投資に回し、これを年率5%の複利毎課税で10年続けた場合でも7千万円以上の金融資産が生まれます。この金額でFIRE出来るかどうかは人によりますが、少なくとも3年目以降で働いて回せば、40歳になる前に達成する可能性は高いでしょう。

 

よくある批判として、「食べるためだけに仕事をやっているわけではない」「倹約でつまらい人生を送るなんて本末転倒」という意見があります。

 

後者に関しては僕も考えたことがあり、先送り型のプランは危険だと述べました。

www.igaitai111.com

 

一方で前者に関しては少し意見が違います。僕の中でのFIREは経済的自立を得た上で初めて持てる圧倒的強者のカードだと思っています。

 

自由で遊び呆けるわけではなく、自分は何をしても生きていけるという強みをを活かせれば、より人生に幅が持てるということです。

 

仕事の上でも断っても大丈夫な精神状態を持ち、本当にやりたいことに注力する⇒仕事が効率的になる⇛ますます市場価値が上がるような正のサイクルに入ります。

 

やりたくないことはしない。極めたいことを極める。遊びたければ遊ぶ。こういった自分が何がしたいかを見つめ直す上で、非常に合理的なスタイルだと思います。

 

もちろん自分の価値観によりますが、未来にFIREという強力なカードを持つために今から準備しておくというのは、十分に価値ある行動だと僕は思います。