明日からマジョリティから外れた人生

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20190331083353j:plain

明日から4月です。2年前は新社会人の仲間入り、1年前は市中病院から大学病院へ転勤、そして今年は臨床医を辞めて保健事業と毎年慌ただしい時期になります。

 

研修医になるまではストレート人生を歩んできましたが、今回は初めてマジョリティから外れる選択となりました。今回は就職前の気持ちの整理です。

明日からマジョリティから外れた人生

ずっと悩み続けた学生時代と研修生活を送り、結局は臨床医として後期研修を行う選択をせず、医師免許があれば誰でも可能な保健事業を選びました。研修終わりの最弱の立場で、いわゆるドロッポ医の仲間入りです。完全なQOL派となりました。

 

以前にも書きましたが、この選択は全く合理的ではありません。頭で考えれば数年間を我慢して臨床をした後に脱医局するか、潔く美容に行くほうが合理的だと思います。それでも自分なりの考えがあって今回の選択となりました。

(選択理由について→僕の職選択①

 

今回は『週4常勤+α』というスタイルに挑戦してみようと思います。最低限の収入は常勤で確保して、自由時間は主体的な活動を行うというスタイルが自分に合っているかどうかを試してみようと思います。この点は楽しみです。

 

周りの人からは暇じゃないかとよく言われますが、僕は自分の時間を主体的に決めることが人生の本質だと思います。その時間に働いても良いですし、遊んでも良いです。何ならぼけーっとして怠惰な生活をしても良いです。それこそ自由です。

 

数年間は続けてみて、臨床医やその他の職が優位だと思えばその時にやり直します。そこは柔軟に考えていて、時代に合った選択をし続ければ良いと思います。いずれは経済的自立を達成すると思うので、より選択の自由度は増します。

 

僕は今まで自分の選択をしないで人生を過ごしてきました。何となく医学部に入って、つまんねえと思いながらも医師免許を取り、消去法で選んだ科を目安に研修を過ごした結果、自由のない閉塞感のある生活に絶望しました。

 

今も明確にコレがやりたいと言った目標なんて何も無いです。ある意味で空虚な気持ちを抱えたまま次に進みます。それでも自分の時間を主体的に決めることの出来ない人生を送るくらいなら死んだほうがましだと思っているので、今回は選択します。

 

明日からマジョリティから外れた人生のスタートです。読者さんは珍しい観察対象だと思って眺めていて下さい。同じ悩みを持つ方へ一つの例となれるよう、ブログを通して経過報告をしていきたいと思います。