お金との付き合い方

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20190212151649j:plain

以前にも投資戦略について記事にしたことがありますが、改めてお金との付き合い方について書こうと思います。新しく社会人になり、給与を貰い、それをどう使うのか。正解はありませんが、僕が研修期間で培った考えを纏めようと思います。

僕とお金の付き合い方

まず僕のお金との付き合い方です。いきなりですが、1億円が突然手元に来た場合、何が欲しいですか?と質問されれば“株式”が欲しいと答えます。そして、株式から出た配当金で何が欲しいですか?と質問されれば“株式”が欲しいと言います。

 

お金はいつ使うのかと問われれば自分が必要な分だけ使うと答えます。欲しいと思えば躊躇なく買いますし、要らないモノは買いません。それだけです。お金があるから使おうと思うのではなく、必要な分だけ使います。これが普通の消費活動です。

 

お金と時間はトレードオフ関係だと思っていて、消費活動をする分だけ時間を代償にして稼いでいます。無駄遣いをするとその分だけ時間が削り取られるため、慎重になったほうが自由な時間が増えます。当たり前ですよね。

 

研修医になって少なからず今までより使えるお金が増えましたが、それにより必要な金額が変わるわけではないので、身の丈にあったお金の使い方をします。僕は学生時代と大して金銭感覚は変わらないです。おそらく来年も変わりません

 

ひとつだけ違うのはお金が少し余っているので、お金を眠らせておくのではなく、金融資産を買って運用しています。それは今の価値より将来の価値の方が高くなると思ってそうしているだけで、そうでなかったら単純に貯金しています。

お金の扱い方は人それぞれ

あくまで僕の例ですが、これが正しいことではありません。車が好きな人は外車を買って幸福感が上がるなら良い事ですし、ハイブランドの洋服を着るのが好きなのも良いと思います。何を持って幸福感を得られるかの閾値は人それぞれです。

 

一方で、自分の幸福感が上がるわけでもない浪費活動やバラマキが大好きな人もいますが、それは辞めた方が良いのではないかと思います。幸福感を上げるのではなく、価値のないモノや行事に時間とお金をかけるのは不健康な生き方かもしれません。

 

何に価値を見出すかですが、浪費目的でお金を稼ぐために日夜働いた挙句、「時間がない」「時間がない」と嘆いても仕方ありません。もう少し、自分の時間を取り戻すために、自分の幸福とお金の良いバランスを見つける必要があります。

 

そして、次のステップとしてはお金を得る手段ですが、生産性の高い仕事なら少ない労働でお金を得られますし、資本を持っていれば不労所得で暮らせます。良い手段を持てば稼ぐのに必要な時間が減り、より良い時間を選択できるでしょう。

まとめ

研修医になり、今までより使えるお金が増えるかもしれません。しかし、使えるお金が増えたからといって、その分だけ幸せが増えているとは限りません。お金はとても重要で、あって困ることはありませんが、必要だと錯覚するお金が増えると苦労します。

 

お金の使い方で自分に嘘をついていないかどうか、お金に囚われすぎていないかに気を付ける必要はあるでしょう。お金との付き合い方ひとつで、そのために必要な時間も変わってきます。お互い、上手な付き合い方を見つけていきましょう。

 

基本的なお金との付き合い方は以下の本を参考にしています。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 
となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

  • 作者: トマス・J・スタンリー,ウィリアム・D・ダンコ,斎藤聖美
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2013/08/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

モノに対する考え方はkonnmariメソッドです。

人生がときめく片づけの魔法 改訂版

人生がときめく片づけの魔法 改訂版