Q: 民間企業は考慮しましたか

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20190126090653j:plain

いつも読んで頂きありがとうございます。これから頂いていた質問を返していこうと思います。今回は僕の職選択で、民間企業を考慮したかどうかについて。

初めまして。地方都市で研修医をしているものです。
いつもtwitterやブログを読ませていただいております。鋭い切り口でキャリアについて考えておられ、目から鱗が落ちる思いで拝読しています。

私も現在、医師の厳しい労働環境とそれを黙認するような状態が続いていることに疑問を感じ、転職を視野に入れております。
いろはす先生は普通の臨床医以外の進路として保健事業、社医、産業医を考慮されておられたとのことですが、民間企業は考慮されなかったのでしょうか。
もちろん民間ならではの厳しさもあるとは思いますが、ライフワークバランス、給与、やりがいの面で魅力的に思える企業もあり、候補になりうるのではと感じています。
あまり先例がない分、医療に加え他業種で身につけたスキルを加味すればマーケットバリューも高くなりうるのではと考えております。
いろはす先生が最終的に進路を保健事業に決めるまでの過程で民間も考慮されたのであれば、除外された理由を教えていただけたら幸いです。

僕の展望と民間企業について

民間企業についてですが、僕の場合は一考はしましたが、熟考はしていません。改めて質問を頂いたので考えてみます。

 

民間企業といっても一口には言えず、医師業が全く関係のない仕事からバイオ系の仕事など様々です。エムスリーやメドピアなどもありますね。

 

みんな知ってるHZM先生も医師免許を取ってから1年ほどはコンサルティング業(マッキンゼー?)に進んだそうです。一昨年くらいにはTBSアナも話題になりましたね。

 

手頃な所で求人を見てみても、怪しげな企業を含めてもソコソコあります。報酬も勤務医より多くなる場合もあり、ものによっては良さそうです。

 

総合的にアリかナシかで言うと、僕は全然アリだと思います。別になにやっても失敗して後戻りは可能な免許なので、チャレンジする価値はあると思います。

 

よく言われる医師免許×〇〇でのマーケットバリューを高める戦略が掲げられていますが、それこそ生産的なら相当のバリューが出てくる可能性はあるでしょう。

 

一方、僕は積極的に進む気は特はありません。×〇〇戦略は今っぽくて良さそうですが、それもやりたいかどうかです。 僕は特にそこに価値は見出していません。

 

運が良ければ大成するでしょうが、それよりは今ある小さな勝ちを拾っていく方が楽なんですよね。そもそもに労働したくないので。

 

僕の中期的戦略としては、まずはお金を貯める。お金が貯まれば苦にならない生き方の選択が出来るので、何をやるかは分かりません。民間企業もあるかもです。

 

兎にも角にもお金がないと、レバレッジの効いた働き方の選択が出来ないので、まずはお金です。それでも僕は労働忌避を優先させた人間なので、週4労働になりました。

 

故に質問の回答としては、就活の過程では考慮に入れてません。積極的に除外する理由はありません。僕の場合は近くに手頃な案件があったので、それを選んだ過ぎず、それが医療関係かどうかも関係ありません。