ご無沙汰しております。

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20181118104440j:plain

しばらく更新が途絶え、11月初の記事となってしまいました。

気分は相変わらず滅入っていますが、気分転換に現状報告したいと思います。

コメントも頂いているので順次返信します。

来年度の後期研修は完璧に辞めました

以前から言っていたように、来年度の後期研修として専門医を目指すコースは今回は見送ることを決めました。完全に辞めた訳ではなく、静観するスタンスです。

 

見送る理由としてはコストとリターンが見合っていないことです。また、僕自身が医学へのモチベーションに乏しく、仕事至上主義ではないのが大きいと思います。

 

一方で、就職活動をしていく中でリハ科の専門医はいい塩梅の所だと感じています。3年という短い期間で取得可能ですし、僕が選べるプログラムの場合は2年間は外のリハビリ病院ヌクヌクと働けます。(1年だけ大学で我慢…)

 

調べてみると、リハ科の専門医は病院機能評価認定で大きな役割を果たすので需要は高いです。求人も多く散見し、今なら良い仕事も見つけられる可能性が高いです。

 

故に、いつか専門医取得を目指すならリハかなぁと思ってます。

来年度の行き先

この流れだとリハに行くかと思われたかもしれませんが、否です。

 

来年度の行き先ですが、現状は2つで返事待ちです。

①ゆるい市中病院で総合内科     ←返事待ち(OKならこちらにします)

②保健事業(検診業務と産業医など) ←いつでもウェルカム

 

どうしてこうなった!?と思われるかもしれませんが、順に説明します。

まず、前提条件して大事なのが年収であり、①1200万②1000万です。

時間外勤務を考えると時給単価は同じくらいだと思います。

 

①の理由を説明します。2点あります。

・就職活動をして感じたのが、多くの求人の中では、専門医云々はどうでも良く、気にしているのは経験年数。数年はマトモに医者をしたという職歴は有れば吉。

・リハ科の専門医を目指す場合に前提となる内科知識を持っておくほうが無難。やり直しの理由として数年内科を経験しておきたかったというのは妥当性あり。

 

大きな流れとしては一般的な医師としてのキャリアを偽造しつつ、②を含めた条件の良い所への転職、時代の流れを汲んで専門医取得やり直しへの両建てが出来るからです。もちろん、気に入ればずっとその病院で働けば良いですし。

 

②ですが、臨床を離れる選択です。こちらは超絶ホワイトな案件です。

何一つ文句はないですが、①とは違い臨床医キャリアはほぼ途絶します。

沢山ある選択肢で臨床医の線が消えるだけなので、まぁ問題ないんですけどね(笑)

 

バイト自由ですし、産業医の資格があれば嘱託の案件を斡旋してくれるそうなので、年収はもっと増える可能性があります。基本給は臨床医平均くらいで調整するそうなので、緩やかな昇給も望めます。検診も講習を受けて、出来ることが増えればインセンティブもあり。ルーティーン感は否めませんが、労働条件としては良いです。

辞めた選択肢

以前に記事にしていたリハビリ療養病院は取り敢えず辞めました。

とても良い労働条件でしたが、細かい所で決断に至りませんでした。

 

その他にも社医、精神科指定医、麻酔科標榜医、美容など色々検討しましたが、社会事情や自分の関心、QOLのバランスが取れたのが残った選択肢です。

結局は大局的なバランス

ぶっちゃけ、10年を目処に経済的自立が達成出来た場合に、フルタイム勤務はやらないですし、間違っても社畜医として働くことはあり得ないので中期的な見通しです。

 

そうは言っても、何が起こるか分からないのが人生ですし、日本を取り巻く保健医療のあり方も不明ですので、中長期的な流れでバランスをどう取るかだと思います。

 

漠然と流れに沿うのではなく、色々選択肢を挙げて、自分のライフスタイルに合った選択を取るのが主体的な人生だと思います。安全域と見通しを持っているかです。

 

僕は医局に入って専門医を目指す流れのは合ってないライフスタイルだったので、この選択肢は切ります。もしかしたらリハ科でやり直すかもしれませんが、それは時代の変化に合わせた選択肢を残しているだけです。 

 

前述のごとく、受け入れ可能なら数年を目処にゆるい市中病院で内科をすることで、臨床医としての経験・職歴を残しつつ、時勢に合わせて転職するが自分のライフスタイルに合わせた結論です。(受け入れ不可なら潔く②へ行きます)

 

故にこれからの研修は僅かですが、内科とリハビリに変更しました。

ブレにブレまくった選択でしたが、市中で内科、大学で後期研修を考えていた科で研修出来た上での選択だったので、結果として良い選択が出来たと思います。