キャッシュフロー・クワドラントを考えよう

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20180923132022j:plain

今回は僕の基本的な考えにあるキャッシュフロー・クワドラントについて。

「金持ち父さん貧乏父さん」の続編から学ぶ考え方です。

改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる (単行本)

改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる (単行本)

 

キャッシュフロー・クワドラント

キャッシュフロー・クワドラントとは、「どこからお金を得ているか」に基づいた分類です。人によっては複数の属性を持ちます。

 

冒頭の図にあるように、4つの属性に別れます。

左側の人たち(労働収益=自力)

E=Employee…雇われて働いている

S=Self employee…自営している

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

右側の人たち(労働収益=他力)

B=Business owner…自分のために働いてくれるシステムを持つ

 I =Investor…お金が自分のために働いてくれる

 

医者に例えてみましょう。Iは医者ではないですが笑。

E=勤務医…大学病院や他人の病院で働かせてもらっている。

S=開業医…事務スタッフを雇って、患者の治療は自分で行う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

B=病院経営者…病院を保有し、スタッフに働いてもらう。

I  =投資家…不動産や株式投資に投じて収入をもらっている。

真のお金持ちとは

一般的に医者はお金持ちに分類されますが、となりの億万長者などの書物では実は裕福ではない人に代表されることが多いです。まぁ浪費が多いですしね。

 

筆者のロバート・キヨサキ氏はお金持ちの定義を「自分が働かなくても自分の望む生活をし続けられる人」としています。要するに不労所得で生きれる人ですね。

 

仮に働いていたとしても、フルタイム勤務する場合と週1労働で済ますかで尺度は変わりますので、その人によって自由に感じる辺りとゆるい定義でも良いと思います。

 

少なくとも、クワドランドの右側(ビシネスオーナー、投資家)の属性を持たないと真の意味で自由は獲得するのが難しいということです。

 

学生にしろ、医者にしろ先行き不安から鬱病っぽくなってる人もいますが、Eとしての人生しか考えていない場合が多いです。確かにそれだと何時までも自由ではないです。

複数属性を持てる医者

本書では左側の属性からBへ転身し、そこからIに投じることをオススメしています。ビジネスをすることで投資の知識を身に着けたり、資本を貯める考えからです。

 

正直、ビジネスといっても病院経営者になるにはハードルは高いです。そこまでリスクを負わなくても小規模のネットワークビジネスが良いところかなぁと思います。ここは生存バイアスがかかっているので、再現性に乏しい所。

 

医者の利点としては複数属性を持てる点だと思います。Eとして働き、種銭をIへ投じて、スキマ時間を使ってsmallBを行うということです。資格職の強みです。

 

僕もEとして病院勤務、Iとして株式投資、smallBとしてサイト運営に勤しんでいます。そして医者の強みとしてはEのさじ加減のコントロールのし易さだと思います。働きたければEのアクセルを全開にできますし、ちょこっとEを足す使い方をできます。

 

Eとして専心することが一般的かと思いますが、病院で働いている医師たちがAll Happyかと問われるとどうでしょうか。Happyな自由人は僕たちの周りからひっそりと消えて、どこかで笑っていることでしょう。

改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる (単行本)

改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる (単行本)