なぜ日本の病院は、患者をこんなに待たせて平気なのか

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20180903195432j:plain

久々に酷いニュースを見たので、若輩者の研修医目線でブログを書いてみる。

まだニュースを見てない人は下記のリンクから見てほしい。

headlines.yahoo.co.jp

なぜ日本のモンペは、医者をこんなに働かせても平気なのか

 こういった類の患者がいるから、少なからず日本の医療はキツイ。いつでもどこでも誰でもフリーパスに診療が受けられる国、日本。患者がお客様になり、医療側の背景を知る努力さえしない。誰もお前みたいな患者に来て欲しくて医療をやってない。

 

 待たされる背景には待つべき数の患者がいて、想像もしないだろうが病棟患者の管理だってしている。それも状態の悪い人たちばかりだ。お前だけのために病院が動いているわけではない。唯一すぐに見てくれるとしたら、致死的にヤバイ時なので、その時はICUで十二分に管理するので安心してほしい。

 

 病院をサービス業と判断するなら、悪い病院(=待たされる病院)には行かず、すぐにでも見てくれる良い病院に行けば済む話である。来てくれなくて結構。大学病院じゃなくて、かかりつけ医でええんやろ?

 

 大学病院は規模も人材も揃っていて、いわゆる予約制の人気レストランみたいなものだから、早くて済むのがお好きなら吉野家に行ってくれ。こっちは診るべき人を診るだけで精一杯なのだからありがたいこと。

 

 と、悪口を書いてしまったものの、自分もそうである。インフルエンザの注射をするのでも1時間待ってキレそうになったこともあるし、医療従事者側の不遜な態度にムカついた事も数知れず。一つ違うのは背景を知っているので我慢できる。

 

 こちら側の人間になって言いたいことは、「サービス業をしているほど余裕がない」という事と「見えていない裏側で死ぬほど業務がある」という事である。

 

 筆者の言うようにデジタル化で効率化が図れるならすべきだし、一秒でも早く帰りたいのは医者も同じだ。それでもこの現状があるのは、それ以上に一人がすべき業務が多すぎて捌けない。日本の保険診療で稼いで使えるお金には限りがあり、業務を最大効率化するためにはもっとお金が必要だし、もっと人を雇わなければならない。そしたら負担は保険料になる。

 

 USJエクスプレスパスのように金さえ払えば最優先で診ることは大学病院では不可能だ。目の前の患者がいくら持ってようが、扱いは生活保護でタダで診療を受けることが出来る人と同じ。これが日本であるので、嫌ならお望みの海外に行ってほしい。

 

 日本の保険診療を受けるならこの現状を受け入れるしか無い。そして、1番疲弊しているのは誰なのかも想像してみてほしい。有名な作家さんなんだから、それくらい考えることは出来るでしょ?何の本書いてるか知らないけど笑。