社会に期待しない方が良い

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20180826205349j:plain

なんだか8月は更新頻度が減ってしまいました。

というのもネタがないですし、自分の先行きを考えるだけで一杯です。

放置してても良くないので労働ネタ。今回も残業についてです。

社会に期待しない方が良い

www.nikkei.com

今回は日経新聞からですが、どうやら厚労省は2024年度に医師に限定した残業規制を導入する方針だそうです。一般職では順次採用される年720時間ではなく、間違いなく長く、そして守られない時間設定になりそうです。

 

このニュースに関しては、個人的には特に感じるところはなく、「あぁそうなの?」といった感想です。上限を決めた所で守られるか分かりませんし、国にやってもらうのではなく、自分で労働はセーブすべきという考えからです。

 

Twitter上では、フォローしているのは医療関係者、投資家の方々なので、この話題が取り上げられていました。一方で下記の記事はどうでしょうか。同じ内容の記事ですが、医師だけにフォーカスせず、建設や運輸も猶予だそうです。

 

www.nikkei.com

 

もちろん自分は医師なので、関心事項はその界隈でワイワイしていますが、関心領域に無い所でも過剰労働は沢山あります。自分もAmazonを利用しているので運輸にはとってもお世話になっていますが、気を使って利用頻度を落としたりしていないです。消しゴム一つだって送料無料で送ってくれます。

 

自分の身に降りかかることでは、自分がいかに大変なのか、社会がいかに自分の職への配慮がないのかを盛んに取り上げます。そして、裏では自分も悪の一員です。

 

世の中にどれだけ奉仕したところで、社会が自分に都合の良い方向に行くとは僕は思っていません。医者は労働者なので、ボロ雑巾のように働いても誰も困りません。