36時間働けますか?

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20180709161023j:plain

日曜日は日当直(24時間)勤務で、次の日も普通に仕事なのが普通な医師。僕は昨日がちょうどそのパターンでしたが、面倒なので年休使って今日はお休みしました。

 

あまりにも医師の日常的な生活に思えますが、僕は一度たりとも納得できる勤務体制ではないため、自主的に休みをとるようにしてます。これって普通じゃない?

俺たちの苦労を味わえ

医師の超過労働については世間にも知れ渡っていますが、まだ社会認知が足りないレベルです。この前、渡物があったので他職種の人にアポを取った時の会話。

僕「日曜は休日勤務なので月曜で良いですか?」

相手「日曜なら遅くても大丈夫ですよ」

僕「夜間も勤務なので難しいですね」

相手「大変ですね。では月曜にお待ちしてます」

僕「では月曜の仕事終わって19時頃に直接伺います」

相手「え?」

僕「え?」

  

世間的には当直=夜勤と思ってるかもしれませんが、違うんですよね。週40時間の時間に含まれないクソ社畜タイムです。そして翌日は勤務です。

 

不平不満沢山ありますが、結局は老害共や自分たちが首を締めてることが多いと思うんすよね。どうしても休めない職場はあると思いますが、そのじゃないところも沢山あるんじゃなかと。

 

実際、学会があれば外来を閉めたりしますし、予定オペだってしないですよね。同列に考えて当直明けだから予定をオフにすれば良いと思うのは僕だけですかね。

 

それでも翌日にフルタイム勤務するのは、”昔からそうだったから”という老害共の価値観と”こなせる自分たち"で首を締めてるからじゃないかと。

 

もちろん湯水のように医療資源を使う今の保険医療もどうかと思いますが、国を動かせる訳ではないので、変えられるところは自分たちの価値観と考えますがどうでしょうか?

 

そこまで難しいことでは無いと思いますが、「俺達が苦労したのに」と何十年と支配している価値観が支配していると何時まで立っても変わりません。