専門医を取らない選択肢

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20180713221747j:plain

ツイッターで話題のトピックスを取り上げます。

専門医を取らない選択肢

麻酔科学会が専門医更新の要件にメスを入れてきました。簡単に言うと、資格更新のためには単一機関で週3日以上勤務する必要があるとのこと。業務内容は手術麻酔、疼痛管理、ICU管理が該当し、臨床ではなく研究も対象です。詳しくは下記。

日本麻酔科学会は、2019年度から開始する麻酔科専門医の更新について、要件に「申請時点で単一の医育機関病院や病院施設に週3日以上勤務し、麻酔科関連業務に専従していること」という項目を追加した。7月10日付けで「専門医機構認定 麻酔科専門医更新要件追加 単一施設週3日勤務について」という通知を学会員向けに出した。

 要件となる「麻酔科関連業務」とは、(1)周術期における麻酔管理、(2)疼痛管理 、(3)集中治療部、救急施設などにおける重症患者の管理――に関する臨床または研究のこと。勤務する施設の規模は問わず、診療所での勤務も認める。また、条件を満たさない医師を考慮し、2021年まで移行措置を設ける。

 日経メディカルの取材に対し、理事長の稲田英一氏は「質の高いチーム医療を行うためには、多診療領域医師や他職種との良好なコミュニケーションは必須。専門医には、高度な医療を行うだけでなく、後進を教育するという役割もある。そのためには単一施設において、密度の高い勤務を行う必要がある」と要件を追加した狙いについて回答した。なお、日本麻酔科学会は追加要件に関するQA集を近日中に示す方針だ。

                     日経メディカルさんより引用

 

今回は麻酔科からの発表でしたが、これを皮切りに今後は各学会での専門医の資格更新に何らかの制限が出てくると思われます。元々、専門医が出来た際には従来の人たちは無条件に配布され、学会にスタンプラリーしに行けば更新できたものが、いつの日か試験が必要となり、そして今後は更新にも制限がかかってきます。

 

実際、新専門医制度が設立された際にとある教授から聞いた話では「都会のバイト医を駆逐するための制度」というフレーズがあり、その時はピンと来ませんでしたが、実際にこういった制限を設けることで、病院縛りや大学回帰を狙っていると分かりました。

 

不確定ではありますが、各学会で資格維持のために将来ずっと奴隷医として働かなければ資格更新できないと仮定した場合、今の段階で専門医を取りに行く必要があるのか疑問が出てきました。僕はもとから懐疑的でしたが、この一件を受け、ますます専門医を取らない選択肢を考えます。

 

楽観的に考えてバイトまで専門医がないと出来なくなるほど、専門性の高いバイトはもともと出来る数も少ないですし、極端な話、寝当直とか何の専門医が必要?といった曖昧なところもあるので、当面はバイトは大丈夫だと思っています。

 

無理して専門医を取って、専門医の資格のために縛られ続ける未来よりも、適当に医師免許だけを振り回して生きるほうが賢明な気がしてきました。医師会によると、医師は過労死してもOKらしいので、僕は医者は辞めようとますます思います。

 

そうすると、このブログの価値というのは、いかにクソみたいな医師免許の使い方をしている底辺を蔑んで、心の安寧とする役割が出てきました。「皆さん安心して下さい。僕よりは真面目に医者してますよ。」と言える未来も近いです。