需要ないけどポーランド戦について語らせて

スポンサーリンク

f:id:irohas111:20180629124359j:plain

ブログ的に全く需要ないと思いますが、今回はサッカーの話。

僕はサッカー好きで、ちと思ったことを残したくて。

需要ないけどポーランド戦について語らせて

日本は1勝1分で最終戦を迎えました。コロンビア、セネガルともに簡単な試合ではありませんでしたが、運も味方して相当優位な形でした。一方で、2戦とも同じスタメンであり、特に原口や長谷部は消費が激しかったことからココらへんは変えてくると予想していました。当日になり、報道で6人メンバーを変えると聞いたときは流石になぁと思って信じてなかったですが、マジで西野さんは変えてきました。

 

日本は4-5-1を主軸にして、組み立てるときはボランチがセンターバックの間や脇に降りてきてサイドバックをミドルレンジに置いて、サイドハーフをシャドーの位置に絞って距離感を取るという戦略でした。擬似的な3-4-3であり、この戦略が上手くハマったのがセネガル戦の1点目です。柴崎がセンターバックの脇に降りて、乾が中に絞って相手のサイドバックとボランチ、センターバックを引きつけて長友が裏に出たところを対角線のライナーで崩すというスペインリーグで得意な現代的な攻撃です。また、精度は欠きましたが吉田も狙って何度かチャレンジしてました。

 

また、守備のときは香川が大迫とならんで4-4-2となり、サイドで乾と協力してパスコースを消す中間守備を徹底しています。この守備ができるのは日本では香川、乾、岡崎であり、後半に乾→宇佐美となった所から明らかに均衡が崩れていました。本田は結果を残していますが、香川と比較すると話にならないレベルで守備が疎かです。この守備が出来たからこそ柴崎がボールを持てる所以です。

 

パラグアイ戦から一貫して良いサッカーが出来ていたのは間違いなく大迫・乾・香川の守備であり、また原口の献身的な走り、柴崎の超短パスと長谷部のカバーリング、昌子・吉田の縦パス、両サイドバックの守備力の高さでした。変えるとすると、疲弊していた長谷部→山口、原口→武藤or岡崎ということが役割から想定されます。

 

しかし、実際は4-4-2のフラットで、武藤・岡崎の2トップ、左に宇佐美、右に酒井高徳、センターバックに槙野という想定外の変更でした。結果的には山口が一番出来が悪かったですが、長谷部→山口は役割がはっきりしているので理解できます。ちなみにゴールキーパーに関しては川島一択で、ここで変える選択肢は僕にはないです。

 

案の定、立ち上がりから終わりに至るまで、全くと言っていいくらいオーガナイズできたサッカーは出来ませんでした。味方を活かす走りが出来ず、自己中心的なプレーに走る武藤。守備が出来ず、安易にクロスを入れる宇佐美。守備に行くときと行かない時が曖昧で、攻撃のアクセントにならない酒井高徳。ポジショニングが致命的で、パスが疎かな山口。縦パスも入れれず、要所でポカをする槙野。コンディションに問題のあった岡崎と散々でした。観ていて面白くないといったら一言で終わる試合です。

 

僕が思うのはターンオーバーを狙うのは大賛成。疲弊した選手を少しでも休ませるのは次戦に行く確率が高い中での選択肢としてはアリです。一方で、このメンツを送り出して勝ち点取れる勝算があったのか?という話です。負ければ他力になるので、安全域がない状態で2軍を送り出せるほど日本が強いの?っていう。確かにポーランドに全くやる気はなかったですが、それを加味しても酷い試合でした。

 

そして知っての通り、まんまと先制をくらい、この時はコロンビアーセネガルが同点だったので自力で追いつくしかない状況となるも攻め手はなし。おまけにレバンドフスキーにビックチャンスを迎えられ、運良く外れましたがこれが決まれば敗退でした。そして、コロンビアが先制したと分かればポーランドと談合(ポーランドからすると勝てばどうでもいい)し、忖度無気力試合となりました。

 

結果が全てであり、リアリストである僕から見てもリーグ最終戦でよくある現象なので一定の理解はありますが、まずもって意味のわからないサッカーを展開した挙げ句に他力本願で無気力試合をした日本というのを僕は素直に喜べませんでした。※あの状態で無気力に移行するのはアリ。セネガルが1点入れる確率・日本が同点にする確率は低く、カウンターから2点・警告をもらう可能性が高いため。

 

次はベルギー戦です。前線の攻撃力だけでいうと全チームでも屈指です。ベルギーは総入れ替えでめっちゃターンオーバーしてますが、日本も8年前と違い満身創痍でなく、バックアッパーの試合感もつかめた中での戦いです。失ったものもありますが、勝負の世界なので泥臭く価値をもぎ取ってほしいと期待しています。