本質的な実力は個人によりけり。

スポンサーリンク

ãã¯ãªããã®è¡ä¸¦ã¿ã¯ãªããã®è¡ä¸¦ã¿ãã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

なかなか更新できないですが、最近の雑感を。

2年目なので、1年目をどう過ごした人が成長しているかについて。

出来る研修医は環境に依存しない

僕はたすき掛けで大学へ舞い戻っていました。1年目はハイポに過ごし、2年目になって実力入り混じった状況で過ごしています。当然、1年目は大学で過ごした人、市中のそこそこ病院、有名病院と過ごした幅はピンきりです。

 

一般的な感覚としては、市中病院で過ごした人の方が実力が高いと想像されるかもしれません。確かに、市中で過ごした人の方が数をこなしている感はあります。中には大幅な進化を遂げたであろう人もいて素直に感心しています。

 

一方で、大学で過ごした人でも大幅な進化を遂げた人がおり、相対的な割合としては市中でも大学でも進化した人の割合は変わらず、底レベルとしては市中の人の方が上な印象を受けています。デキレジの割合は変わらず、普通レジは市中の方が多い感じです。そういった意味では大学研修はピンきりの幅がデカイです。

 

また、有名病院で過ごした人もいて、僕の想像では超人になっていると思っていましたが、上げ幅では僕の想像の域は超えなかったです。(もちろん優秀ですが)

 

以前に聖路加に見学に行った時は同じ人間と思えない研修医ばかりでしたが、それは凄い試験を突破してかつ、ハイパーな研修を行っているからで、たすきで掛ける分には試験がない+年数が短くなるので上げ幅が限られていると感じました。

 

やはり確かな事ですが、どんな環境にいても伸びる人は伸びますし、逆に僕のようにやる気のない人はどこにいても微妙なレジデントになる気がします。やる気があれば、そこそこの条件が揃っている病院なら良い研修が送れると思うので、自分の希望に沿った病院を選ぶのが吉だと思います。無理に背伸びをする必要はないです。