もうすぐ26歳原点説が近づく

スポンサーリンク

 

f:id:irohas111:20180408080708j:plain

今回は自分の中でプチ話題の26歳原点説について。

僕は今年で26歳なので転換期の年です。

男26歳原点説

 

男26歳原点説は芸能界を早くに引退された上岡龍太郎氏の言葉です。

 
簡単な中身は上記のTwitterにもあるように

自分の芽はすぐ出るのではなく、何年か経った時に花がドーンと開くもの。

いつ開くかという芽は、男は必ず26才にあると思う。

26才の時に「何を考え」「何を夢見て」「何をしたい」と思っていたか。

ノーベル賞の人間は、26才に思ったことが花開いているだけ。

40才になってから、新しいことなんか出来ない。

26才の頃に思ったことが40才になって、その力を得て実現出来るだけ。

26才の時に何をやりたいと思っていたかで一生が決まる。

その時は力はない。でも、その思いは埋もれ火のように胸に秘めとく。

それがない人は、幾つになってもダメ。 

 

僕は今年で26歳になります。そして医者人生は2年目に突入しました。

35歳までに勤務医は終了して、その後のライフプランも考えています。

 

まんがで変わる! 仕事は楽しいかね? (きこ書房)

まんがで変わる! 仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 

Primeでタダで読めたので、ドーテンの仕事は楽しいかね?の漫画版を読みました。

仕事は楽しいかね?→くっそつまらないですwww 

 

ジャネの法則によると

10歳の子供…1年は自分の人生の10分の1

60歳の大人…1年は自分の人生の60分の1

 

人は年を取るに連れて時間の価値が目減りしていきます。

僕自身これは凄い共感でき、また子供のときと比べて刺激が少ないので、つまらない日々で時間を消化しています。これをどう楽しい時間にするかが鍵です。

 

ドーテンは仕事に対して目標を設定することを否定し、これを”目標の弊害”と名付けています。どういうことかと言うと、「多くの人は、自分がどんな仕事が大好きか、どういう仕事をこの先ずっと朝から晩までしたいのかわからない」とのこと。

 

そして何か成功ないし、楽しい仕事に出会うためには何度となくコインを投げること。つまり遊び感覚でいろいろ「試して」、成り行きを見守ろうと思いながら行動することを推奨しています。「明日は今日と違う自分になる」

 

これはよく自己啓発本に書いてあり、ホリエモンもよく言ってます。「やれ!」と。

保守的な人生を歩んで満足できればいいですが、それよりもランダム・ウォークした方が楽しい事に出会える可能性は高いです。

 

僕は26歳になり、原点に近づきつつあります。それなりの目標もあり、そこから逆算してロードマップを描いています。一方で、それが本当にしたいことなのかどうかは確かに分かりません。今は保守的になっていますので、もう少し色々と手を出すのも良いかもしれませんね。※医者というカテゴリーに当てはまらず