教科書や参考書は新品or中古?

スポンサーリンク

今回は質問を受けての回答です。

はじめまして。この春から5回生になる医学生です。 毎日ブログ更新を楽しみにさせてもらっています。 今回は、質問というか、ブログで扱ってほしいネタを一つお話ししたいと思います。 ↓の記事に書いていることなのですが、 https://anond.hatelabo.jp/20180325024711 私はQBを中古で買う(貰う)かどうかを悩みながらもメディックメディアの周到な罠にかかり、新品で購入することになってしまいました。(完全に自分が悪いですが、本当に今回の件はメディックメディアはひどいなぁと感じました) MECを2年契約でとることにしたので、すでに合計20万近い出費になって色々複雑な心境です笑。 というわけで、 「参考書/過去問集は中古を買う(貰う)か?新品を買うか?」 ということについていろはすさんはどのような見解をお持ちなのかとても気になります。 さらに、上記はてな匿名ダイアリーの記事についてもどう思うか少しお聞かせいただきたいところです(とても厚かましいですがブログのネタにしていただけたら…特定の企業のことなので難しいかもしれませんが)。 それではよろしくお願いします。 これからもいろはすさんの記事を参考に医師国家試験対策を進めていきたいと思います。 

無料コンテンツの進化

まず一点目の「参考書/過去問は中古(貰う)か新品を買うか」ですが、僕はどちらも賛成です。特に医学書は値段が高いので僕は中古を買うことも多いです。

 

特にクエスチョンバンクは僕はメインで使うつもりが無かったので、Amazonの中古で買って集めました。最新版の解説が読みたい時は図書館に行って確認することもあり、新品を買うメリットは無かったです。

 

同様に僕の周りでも新品を購入するのは半々だった印象です。僕の時はオンラインを使いたいかどうかで別れていて、使わない人は大概が前年度の受験生から譲ってもらったやつを使っていました。

 

それでも新品のVALU価値があるものに関しては買ってます。それこそ電子書籍版のシリアルコードが付いている場合や、人気で中古の値が落ちないものです。研修医本は殆ど全て新品で買ってます。(Amazonのポイントを加味すると得だったので)

 

2点目の質問ですが、今回はシリアル1つから利用可能+会員登録だけで問題の閲覧演習が可能になるという試みがあり、質問者さんも後出しジャンケンで悔しい思いをされたと思います。

 

メディックメディア側からすると、medu4のデータベースの台頭で問題演習をオンラインですることへの希少価値が薄まり、苦肉の策だと思います。それでも解説というVALUで勝負をしようと言う企業努力は良いと僕は思います。

 

それでも質問者さんの大学のようにキャンセル不可の事前申し込みをして、後出しで仕様変更するのは如何な物だと思います。本当にキャンセルできないのか法的な事は分かりませんが、僕だったら抗議する案件です。

 

しかし、無料では機能制限等もあり、もちろん有料コンテンツの旨味もあるので、今回は切り替えて使い倒すしかないでしょう。もやもやする気持ちは十分分かりますが、ここで踏みとどまっても何も利益は生み出さないので、バネにして買ってよかったと思えるくらいに頑張るしかありません。 

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2019 vol.1

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2019 vol.1