現実主義者の弊害

スポンサーリンク

もう3月も中頃で、来年度への準備も着々と進んでいます。

僕は来年から移動で大学病院へ戻ります。

f:id:irohas111:20180316214308j:plain

ここからまたduty科なのですが、これもまた憂鬱な案件です。

興味がない×現実主義者

最近フォローさせて頂いた先生を紹介します。僕よりの既成概念に囚われない人で、面白いTweetをされています。その中で研修医の選択について触れられていました。

 

この先生はキャリア形成において初期研修を経験に位置づけておられ、僕と違って他科を回ることを推奨されています。穂澄先生も同様派です。

 

仰ることは痛いほどよく分かり、経験だけでなく、社会的な繋がりを考える上でも色々回ることに意義はあるんだろうなぁと僕も同意します。

 

一方で、僕みたいに医学に対して興味がなく、将来に大きく関与しない(点になりうるかもしれない)事に関しては極力省エネで行きたいという現実主義者には他科を回るのが苦痛で苦痛で仕方が無いことなので、同意はするけど実行はしないです。

 

最近では、先を読みすぎて人生のプランを狭めているのでは?と再考するのですが、一周回って医学に対して興味がない時点で詰んでいるので、人生を広げる意味で、真っ当な医師プランは白紙にせざるを得ないと思います。

 

僕みたいな人は一定数はいますが、逆に医学に専心したい人も多くいるわけで、そういう人たちは幸せだなぁと心から思います。僕の再興計画を実施するまでもなく、医学に専心し、なおかつ環境も整っていればと思いますが、現実は難しいでしょう。

 

環境依存せず、なおかつ自身の持続可能な幸せを掴むためには、色々と捨てるべき道もあるのだと再認識しました。それでも割と強烈な目標は持っているので、着々と準備をして実行するまで。現実主義者なりの戦いをせねばならぬのです。

※仕事に疲れて駄文を書きました笑。