とりあえず一周を終わらせることが重要。

スポンサーリンク

最近は国家試験対策も前倒しになる傾向があります。

早い人は4年生から始めると聞き、さらなるインフレ化が予想されます。

f:id:irohas111:20180306182901j:plain

今回は早期対策に当り気をつけたいことを。

欲張らずにまずは一周

 かくいう僕もフライングして勉強した人で、5年生になる前の春休みにMECの講座のメジャー、産婦人科、小児科は全て見終えました。ペーストしては大体1日4,5コマ程度を1.5倍速くらいで見て22日間で終えた記憶があります。

 

 狙いとしてはポリクリ中にノートの復習をすることによる時間の効率化や全体像を把握して今後の勉強ペースを計画する目的でした。特に良かったと思うのは前者で、仮にポリクリ中に観る事を目標にした場合だと、ポリクリ中のタスク難易度が上がり、途中で達成できない事がありえたことです。

 

 ノートの復習というハードルに下げておくことで、隙間時間を有効に使えたり、分からない事を何気ない質問で医師に尋ねることが出来たので良かったです。僕の中では5年生の時点で国家試験対策はほぼ完遂しており、110回を同条件で受けてみましたが、合格点はありました。凡その人が同じことをしたら達する水準だと思います。

 

 以上の事を振り返ると、早期に始める方に伝えたいのはまず一周するという事です。細かい所を気にして進行が遅れたり、同時にQBをしてみたり、研修医本を読んでみたりと欲張った勉強をしても結局は忘れてしまうので、今はビデオ講座に集中すべきだと思います。

 

 早くから始める人=意識が高く優秀な人or/and極度の心配性に大別されると思いますが、前者の場合においては国家試験レベルで学習しても意味はなく、後者(僕)の人は国家試験に的を絞った勉強をすべきです。

 

 要するに、意識を高く持つなら国家試験対策をする必要はないし、国家試験にフォーカスを当てるなら今はビデオ講座に専念すべきという事です。今は時間があってあれこれ出来ますが、時間は有限ですので何が目的なのかを今一度考えてみましょう。