スウェーデンと日本の死生観

スポンサーリンク

今回は真面目ネタ。

現在、そして未来永劫にある寝たきり老人について。

yomidr.yomiuri.co.jp

今一度考えて見ましょう。

意思決定プロセス

 医療関係者は分かると思いますが、脳卒中を代表とする高次機能障害や肺炎、老衰といった過程から経口摂取困難となり胃瘻造設orポートという流れは誰でも見たことがあると思います。現状では本人の意思決定権が行使出来ない場合もあり、家族が選択することも多いでしょう。

 僕も何度か見たり、実際に身内にそういったケースもあります。何が正解かというのはナンセンスであり、これは日本の死生観や個人の価値観ががどうしても付き纏います。往々にして、日本の場合では医者や家族が寝たきり老人を作る選択をしています。

 これを自分に置き換えた際に、予め意思決定をしておく必要があると思いますが、それがそのまま行使されるか不透明な点は日本独特では無いかと思います。家族が死を選択する事が出来るのか。もしくは医者サイドが当たり前に非経口摂取の道を誘導し、寝たきり老人を作る可能性もあります。

 スウェーデンでは非生理的は方法での栄養摂取は逆に人間の尊厳を傷つけるという価値観に基づき、自然な形で死を選ぶのが当たり前です。もちろん、日本人の多く、特に自分に置き換えた時にこうして欲しいと思う人がいますが、こういった願いが実現していないのが現状です。

 何故、このような事を思ったのかというと、僕の知っている医師が取っている行動があまりにも非倫理的かつ人間の尊厳を傷つけていたからです。その患者はある病気にかかり、病態的には経口摂取はしないほうが良い状態でした。そして余命も長くない事は明らかでした。そういった状態で、その医師が取った行動は、何も了解を得ずに絶食でビーフリード1L。抹消点滴が取れないからという理由でポート造設。あとは放置。

 僕は後で仲の良い看護師さんに聞いた話ですが、その患者さんの楽しみは食べることだったそうです。そして、自分は病気で延命する気はなく、自然な形を望まれていました。その人がどういう風に意思表示が出来なかったかは分かりませんが、医者サイドがその人に死生観を踏みにじるような行為に至ったことを僕は残念でなりません。

 僕の読者の人にこのような非人道的な人はいないとは思いますが、読んで下さった人が改めて死生観を考え、そして患者さんの死生観を尊重できるキッカケになればと思い記事にしました。一人の人間として改めて考えさせられる出来事でした。。。