僕の国試前日の過ごし方

スポンサーリンク

今回は国試体験ネタ。

僕が国試前にどう過ごしていたかを書きたいと思います。

 

正直な所、不快に思う人もいるので気をつけて下さいと先打ちしておきます。

こんな人もおるんだくらいに受け取ってください。

リラックス&体調管理

僕は会場が地元では無かったための、遠征組でした。当初は前日入りするつもりでしたが、悪天候と重なる可能性を考慮して念のために前々日入りしました。行きのバスでは気持ちが落ち着かず、友達が訳の分からないゴロを唱えていてビビりました笑。

 

問題の出し合いをしていると、知識のひけらかし会に発展し、周囲に悪影響を及ぼしそうだったので途中で切り上げてぼぉっとしてました。それでも気持ちは落ち着かずに、何か見ようかなぁと思ってノートを開くけど、大して頭に入りませんでした。

 

僕は以前よりテスト前は勉強できない(頭に入らない)タイプだったので、それよりも前に完成させておくタイプで、例に違わず国試は自分の中では最短で完成させておいた勝負だったので、後は如何に心を整えるかの勝負でした。

 

それでも、LastMessageが出発前日に配信しているので、その確認や、その他の直近の講座の復習が必要だったので、6時間くらいの勉強は必要な見積もりでした。前々日入りしたので、初日は周囲環境の確認(ご飯は何時食べるのがベストなのか、どこでなら余裕を持って食料を買いにいけるのか)をして、アニメを観て寝ました。

 

翌日(国試前日)は、一応本番を想定した流れを作ろうと思い、起床時間やご飯のタイミングを揃えてシミュレーション。その他の時間は自室で軽く復習をして、後はひたすらにアニメを観てました。アニメを観ることは以前から決めていて、ひたすらに頭を使わない過ごし方をしようと思ってたどり着いた方法でした。3日連続で頭をフル回転させなければならないので、前日にオフ状態で、ひたすらに体調を整える作戦でした。

 

馬鹿にされるかもしれないですが、自分がどうしたら良い状態を作れるかを考えに考えてたどり着いた方法であり、結果として良かったです。国試前日だからという特別な感じを作らず、自分の世界を作る事は沢山あると思います。もちろんルーティンを作り、整える方法もあるでしょう。本番も近いので、そろそろどう過ごしたら最も良いパフォーマンスを発揮できるかを考えるキッカケになればと思います。