僕が医者になるなんて胃が痛い。

自由を掴むまでの記録

仮想通貨に対しての僕の投資方法。

スポンサーリンク

引き続き仮想通貨に関してです。

受験生の方は終わったら参入しましょう笑。

f:id:irohas111:20180109201036j:plain

ポジショントークになってしまいますが、そこはご愛嬌。

仮想通貨ETF

前回で述べたように、僕は仮想通貨市場は2018年は伸び続けるといった宗教に入教しました。これは発想としては長期的に見て世界経済は右肩上がりであるという、インデックス教と同じ思想にあります。

 

しかし、リスクは遥かに高くハイリスクハイリターンの世界です。与沢翼さんみたいにファンダメンタルズからリップル集中投資といった方法は僕には難しいと判断しました。というか、どの通貨をみてもそこには価値を見出す材料があり、信じて集中投資をするという判断が出来ませんでした。(ちなみに、もしするならETHでした。)

 

そこで考えた。というかよくある手法である分散投資を行おうと考え、年末はその銘柄選別をし、年末年始の利確下げを狙おうと資金を作りました。

 

ポジショントークですが、僕のETFに組み込んだ銘柄 

※おおよその人には暗号です笑。

王:BTC

1軍:ETH、BCH

2軍:XRP、NEM、DASH、NEO、LSK、LTC、XMR

3軍:ZAIFトークン、COMSA、QASH

いつか買いたい…:XRB

それぞれの通貨がどういった性質を持つかは今は取り扱いませんが、時価総額20位以内で殆ど固めています。3軍に関しては、テックビューロ社の朝山さんへのお布施です。僕はZaif信者であり、日本の仮想通貨市場を担う存在だと思い、投資しています。

 

takao.asaya.ma

 

今流行の草コイン投資はしない方針としました。これからは、市場参入者が増える一方で法規制が進み、阿呆なICOが淘汰され、結局は既存の時価総額が大きいものが生き残る市場だと判断しています。そういった中で、中心となるのはBTCであり、もし第一位基軸通貨の交代があり得るとしたらETH or/and BCHだと思っています。

 

また、BTCを中心としてみた際に出来るだけ同じ動きをしないもの、性質を分散し、資金が分散しやすいように組んでいます。これは説明すると膨大になるのでまた今度。大体の買い付けは終わっているので、後は時価総額の変動に合わせてポジションを整えたりするのみです。実際にまだ時価総額20位以内のもの全てに関して理解しているわけではないので細かい調整も行います。

 

これも自分ルールなのですが、倍になったら1/4〜1/2売ります。要するに短期〜中期で利確することを目指しています。そして本当の意味での余剰資金を残して、長期的には市場を見守り、適宜ポジションの調整をする。これの繰り返しを行うつもりです。現に、今も少しずつ利確しています。

 

流行り言葉である"ガチホ"は僕はしません。稼いだお金は全てGOLDに変換します。ルールとして決めてあり、逆らうことは出来ません。僕は自分で作る仮想通貨ヘッジファンドを維持していこうと決意しました。

 

PS.僕の買っている中で中心を占めているETH、BCHはZaifという取引所で買えます。これだけでも十分です。特にETHやBCHに関しては他の販売所だと手数料の関係から買った時点でマイナスです。僕の一押し銘柄であるZAIFトークン、COMSAもZaifで販売されてます。他の銘柄に関しては僕はバイナンスという中国取引所で買っていますが、まず始めるならZaifがオススメです。