僕が医者になるなんて胃が痛い。

自由を掴むまでの記録

今年1年を振り返って

スポンサーリンク

2017年は個人としては激動の年でした。何と行って医師免許を取得し、社会人1年目のひよっことしてのスタートとなる年だったので、人生で一番の転機だったと思います。

f:id:irohas111:20171231104523j:plain

さて、今回は1年を振り返ってみて来年の抱負を考えたりとしてみましょう。

 国家試験

 何と言っても今年の最初の山場は国家試験でした。血塗られたバレンタインデーとはよく言ったもので、国家試験は大変でした。おおよそ準備の段階で99%は終わっているのですが、本番の緊張感は中々のもので、サッカーの試合や大きな大会でもあまり緊張しないタイプの僕でも1週間前から始まって10分までの時の感覚や気持ちの落ち着かなさは今までの人生でも指折りの変な心境でした。終わってさえしまえば、どうってことはない事なのですが、積み重ねてきた物の大きさを感じ取れるイベントでした。

 僕は5年生の終わりから国家試験のブログを開設しており、最初は細々と続けていたので1日に数十PVというただの日記ブログだったのですが、日に日にアクセスが増して行き、国家試験前の模試の記事を上げた時には1日で5000PV以上の閲覧があるなど反響の大きさにビックリしました。(後に@kokuponzさんの影響と知る笑)

 今でも旧ブログは1日500〜800PV、今のブログが1000PV前後とコンスタントに見て頂き、やっていて良かったなと思います。研修医になってからは忙しかったり、他の関心事が多すぎて更新が滞っていることに関しては反省ですね。国家試験直前の事に関する記事や、研修医になってからの事などは年明けからは頑張って書こうと思います。これが2018年一つ目の目標です。

研修医になってみて

 4月から晴れて研修医になりました。僕がハイポな研修を選んだこともありますが、今振り返るとイージーな研修送ってるなぁと自分でも思います笑。流石に4〜5月は緊張感や仕事慣れしていないことから、やること一つ一つでストレスを感じていてこの先やっていけるのか?とかハイポ病院でこんなに出来ない人間とか適応障害なのでは?とか考えたりしましたが、5月が一番大変な科に当たっただけで、6月は無風。7月8月は循環器で一ヶ月の殆どがカテ待機など休まる日がない時もありましたが、その頃には業務効率も上がってきたのでイレギュラー以外のdutyをこなす面では苦労しなくなりました。9月以降は楽な科が続き、さらに業務効率が上がってきたので半分以上は定時ダッシュするという研修医らしからぬ生活を送っています笑(石投げられそう)

 お前そんな楽な病院で糞研修を送って、ダメレジ一直線。3年目には使えない糞医者になってるぞ!とお思い人もいるはずです。実際に都会の有名病院の方、そこそこの病院で物凄く頑張っている研修医の人と現時点の僕と比較すると雲泥の差が開いていると思います。僕は国家試験時点では全国で100番以内の学力があったと自信を持って言えますが、現時点では下から数えた方が確実に早いポジションにいると思います。一方で、そのポジションがそのまま将来に反映されるかと考えると、そうではないと思います。僕は以前から研修に対しては否定的な立場を取っており(内科を先行される先生は意義あるかもですが・・・)、今の段階で学んでいる事で将来しないと断言できる事に関しては、なんの点にもなりません。入試や国家試験では圧倒的に合格出来るポジションを取ることに関しては有意義と感じますが、さすがに専門医の試験、例えば皮膚科の専門医を取る際に国家試験レベルを超えた研修医で頑張らなければ取得出来ない知識や経験はないですよね?読影専門の先生が病棟管理しないですよね?

 何回もこのブログで繰り返していますが、初期研修の目標は”初期研修を終えること”、研修医で学ばなければならない知識は”当直で必要な救急の知識”のみと断言します。この点においては現時点で偏差値45くらいだと思います笑。流石にこの点に関しては反省してもう少し頑張らないといけない。

 こういった目的意識を持って今の病院に来ているので概ね満足しています。とりあえず研修医でこなすduty科は終わりつつあり、来年からは残りのduty科+専攻医に向けて全振りしています。もしかしたら、というか今すこ~しだけ他に引っかかっている科が浮上しているので浮気はあるかもしれませんが、その科に関しても内科的知識は一切必要としない科なので基本的には今の方針で転換は可能です。現状としては研修医2年目の位置づけを専攻医0年目として捉えて過ごす予定です。よって、2018年の目標は”研修を無事に終える事+専攻医0年目としてスタート”です。

投資の世界に踏み込んだ

 正直な所、最近の関心事はここしかないです笑。ライフシフトしたと過言ではないくらいに投資の事で頭が一杯で日常生活に支障をきたすレベルです。といってもずーっとスマホで取引してるという意味ではなく、日々勉強です。暇さえあったらブログを読んだり、本を読んだり、企業を調べたりしてます。大学生の時にも齧ってはいたのですが、実際に働いてそこそこの額を取引するのでは雲泥の差で、本気度が違います。実際には学生の無限に時間がある頃にもっと勉強しておけばと今でも強く後悔していますが、ポジティブに25歳で始める事が出来て良かったと捉えています。

 専門的な事ですが、基本的にはインデックス投資を主として趣味で日本株を中長期目線で買ってます。今年は稀に見る地合いの良さで、資産は+30%でした。インデックス投資に関してはアメリカにほぼ全振りしてます。これは何十年という長い目で見た投資なので今はどうでも良いです。来年あたりにはドカンと一発大きな下落はくるはずなので、下げた時に集中して資金を送り込めるようにキャッシュも結構残しています。

 そして今までの人生で一番ショックだったなぁと思うのが仮想通貨です。2月の時点で興味があったのですが、そこから踏み込んだ勉強をせずに放置をしていた自分を呪い殺したくなるくらいの機会損失をしたと思っています。BTCだけでなく、今勢いのあるXRPなどに関しても知ってはいたのに資金をつぎ込まなかった。取り残されてしまったことに関しては日々悲観しています。たらればですが、少ない資金から確実に億り人になるチャンスが目の前にあったのに掴めなかった自分のセンスのなさが悲しくて仕方ありません。遅れて参入したBTC関しても給料数ヶ月分くらいにはなりましたが、なんだかなぁと思うばかりです。後悔しても仕方がないので、年明けに利確売から暴落した時にETH、LSKあたりを買い漁ろうと思ってます。投資ではなく投機ですけどね笑

 投資に関しては書きたいことが山ほどあり、ここでは書ききれないのでまた別の機会に記事にしたいと思います。2018年の目標は”順調に資産+30%、暴落したチャンスを逃さずに資金を注入する”です。機会を逃さないように日々アンテナを貼りたいです。参考になるブログを下記に紹介しておきたいと思います。僕みたいに投資中毒にならなくても、医師が無理なく出来る範囲で最大のパフォーマンスを発揮できる良記事がてんこ盛りなので、研修医の方は必読です。

www.churio807.com

最後に

 振り返ってみると僕の2017年は”①医師国家試験②社会人デビュー③投資デビュー”に尽きると思いました。あとはお金に余裕が出来たのでファッション、オーディオくらいですかね。投資をしていると倹約に務めるようになるので、意外とお金を使うことはしてないです。生活費合わせても、年間100万位しか使ってないと思います。新しいテレビが欲しい、車が欲しい、PCが欲しいといった欲求もありますが、そこはまだ我慢ですね。今の1万と数十年後の1万では価値が違うので、若い時は倹約です。

 そういった意味では昔の思い描いていた医者像とは違いますね笑。ばんばんお金を使ってブイブイいわす感じは全くなく、学生の時と金銭感覚があまり変わらないどころかケチになってます。高い買い物ランクNo.1が株。No.2が自動車保険。No.3が親へのプレゼント代金って面白いですね。つまらん医者生活送ってんなぁと揶揄されたこともありますが、逆に褒め言葉です。30代〜40代が楽しみでしょうがないです。2018年も着々と自由を掴むための準備をしていきたいと思います。

 最後になりますが、112回受験生の方。お疲れ様です。残された時間をどう有効に使うかで人生が決まってきます。医師免許さえ取得できれば人生変わります。医師免許さえ取得すれば何したって良いんです。今が人生で頑張るべき所です。頑張りましょう。