僕が医者になるなんて胃が痛い。続

胃が痛い医者人生をより良く生きるために

僕の悪循環

スポンサーリンク

お久しぶりです。

今回はそろそろマッチング先を考えつつある6年生へのアドバイス?的な記事。

f:id:irohas111:20170528211702j:plain

僕は1年目が市中病院なので、まずはそこで感じている事について。

身の丈にあった研修を

僕は今月のローテは神経内科で、ほぼ毎日入院が1-2人増えて、退院をしてという繰り返しで持ち患が15人くらいという状態が続いていました。加えて、外来業務・救急対応でやる事も多く、まともに病棟を回れるのが朝の数十分と夕方以降という状態+僕は夜遅くまで丁寧に仕事をするやる気が全くない性格なので、すっごい浅い研修になってしまいました。また、上司からのフィードバックが殆ど受けていないので、学生に毛の生えたヤバレジデビューでした。

 

日当直などの救急は単発で判断するだけの作業なのでやる気が出るのですが、マルチタスクで日々の宿題が溜まっていき、そこから悪循環(持ち患大杉ムリポ→適当業務→合ってんの?→訳分からん→やる気↓↓)が始まり、結果としてまるで成長していないという結果でした。

 

以上の点を踏まえてみると、僕が求める理想の研修とは

①持ち患が少ない②アセスメントする時間が業務時間にある③フィードバックを受けられる病院だったのかもしれません。まぁ科や指導医によりますけど。

特に③が重要だと思います。

 

24時間全て医学に尽くせるという肉食系研修医は勉強する機会が多く、貪欲に上を目指してグイグイ出来ると思いますが、僕みたいな草食系研修医(別名;QOL研修医)は日々を忙殺して何も成長が出来ないのでコツコツ病院を探した方が良いと思います。

 

現に知り合いの研修医で、まずは持ち患1人をじっくり始めようという所があり、多くの症例を学べないデメリットはあると思いますが、忙殺で何も学べないよりは百倍良いと思います。

 

手技等を気にする人もいると思いますが、こちらに関してはすぐにプラトーに達するので正直どうでもいいと思います。汎用的な手技はこの先も何回もやる事になるので錆び付かないですし、逆に特殊手技に関しては最初に習得してもやらないとどうせ出来なくて他科任せになるので・・・。

 

以前に大学の2年目研修医の人が市中1年目で帰ってきた先生の方がよく診られると言っていたのですが、本当に出来るorごまかし方を知っているだけで何も出来ないのが正直な所だと思います。僕は完璧に今の時点では後者なので、エビデンスもない模倣医療しか出来ないので逆にたちが悪いと思います。

 

ネガティブな話になってしまいましたが、”持ち患多ければ良いってもんじゃない”って点だけは伝えておきたいと思いこの記事を作りました。以上です。