僕が医者になるなんて胃が痛い。続

胃が痛い医者人生をより良く生きるために

何もかもは無理なので、絞りに絞ろうと思う。

スポンサーリンク

先週を振り返って、来週へ生かすために。

僕自身のスペックは底辺なので、今までは時間をかける事で補ってきたのですが、本格的にそういったドーピング方法が難しくなってきたので、諦めようと思います笑

f:id:irohas111:20170514195920j:plain

妥協も必要ですし、元々の目標が高く無いので、軌道修正!

多い疾患3つだけ

お気づきの方もいると思いますが、今回っているのは神経内科です。

 

神経内科と言えば、国試でおなじみのマニアックな分野で、手を広げれば広げるほど闇が深いです。僕は比較的神経は得意だと勘違いしていたのですが、細かい神経症候、電気生理、薬の使い方など、正直言って訳分からん世界でした笑

 

指導医も殆ど略語、業界用語で喋ってくるので相乗して分からん世界です。もう細かい所は諦めよう。。。そう決意した週末です。

 

とりあえず、神経内科に進む気は無いので、救急で出会う確率の高い疾患。

脳梗塞、てんかん、髄膜炎。この3つの初期対応だけに絞ろうと思います。

まだ髄膜炎は出会ってないのですが、脳梗塞は毎日。てんかんは数例みているので、振り返り学習と、経過。次に出会ったときに上手いマネージメントが出来るように。

 

正直、各科共通の管理法に関しては1年もすれば学べるので、集学的学習はせず、いずれ出来るようになれば良いくらいの気持ちでいこう。