読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が医者になるなんて胃が痛い。続

胃が痛い医者人生をより良く生きるために

僕の勉強の基盤

スポンサーリンク

以前に僕の勉強法の基を知りたいとのフォームが来たので今回はそれを題材に挙げる。僕は型から入るタイプなので、高校生の時から色々な本を読んで模索した。

 

結局は1つの本だけの理論で全て解決できたので紹介する。

f:id:irohas111:20170312113650j:plain

 

 「超高速勉強法」から始まった

僕は自分自身の能力を信じていないので、他の人と戦うためには方法論が必要だと高校1年生の時に悟り、本屋に通って勉強法関連の本を読み漁った。しかし、どれも朝早く起きるだとか、隙間時間を使う、忘却曲線を意識しろといった同じような内容で、自分でどう使えば良いのか分からなかった。

 

そんな時に、ネットで評判の良い物を探そうと思って何となくタイトルの気に入った本を買ってみたところ大当たり。それが「超高速勉強法」であった。

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

 

<目次> 

1章 「あせり」をうまく使え!―集中力が自然に増強するテクニック
2章 「長時間」の損に気づこう―常に良質な勉強時間を保つコツ
3章 「平均点」は上げなくてもいい!―自信一つで合格力は十分に高まる
4章 「目次」を暗記せよ―データは形さえ整えば大量におぼえられる
5章 「わからないまま」を恐れるな―速読術を訓練なしで身につける法
6章 頭はリラックスでより強くなる―疲れない頭になる意外な生活習慣

 

詳細は以下のブログが詳しい。

「図解超高速勉強法」(椋木修三)を読んで: 夢を実現する

【記憶&速読】「図解超高速勉強法」椋木修三:マインドマップ的読書感想文

 

僕は特に「目標は高めに設定する」「集中できないのはイメージが曖昧なせい」「太く短くでなく、細かく長く勉強」「目次を暗記する」「思い出す癖をつける」「わからなくても先に進む」を特に意識している。

 

まず5年次に6年になる際に国家試験に受かる実力を有するという目標と立て、そこから逆算して1年の予定を大まかに立て、自分が許容できる勉強時間内でなるべく手短に済ます=反復する方法を続けることで細く長いストレスフリーな勉強が出来た。6年ではそれらの前倒しした情報を整理し、反復するだけの作業だけだった。

 

以前に取り上げた記事の中で家勉の良さを取り上げているが、これは何をやるかのイメージが出来ているから可能であって、やることが決まっていないと無理な話。

www.igaitai111.com

 

また、実践していく中で自分の処理速度が上がっていることに気づいた。問題を解くスピードや課題を終わらすスピードなど色々な場面で時短にすむようになった。国試でも大体半分強の時間で問題を終わらせる事が出来、見直し等々で余裕を持って臨むことが出来たので、普段からスピードを意識して取り組んでいた成果が出たんだと実感した。

 

これ以外にも沢山の良いことが書かれているので、勉強に疲れた人や少し行き詰まった人などは是非読んで欲しいと思う。見方を変えることで今までの苦労が軽減されることは沢山あるので、色んな武器を持って戦って欲しい。

新超高速勉強法―「結果」は「速さ」に比例する! (リュウ・ブックス アステ新書)

新超高速勉強法―「結果」は「速さ」に比例する! (リュウ・ブックス アステ新書)