読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が医者になるなんて胃が痛い。続

胃が痛い医者人生をより良く生きるために

医師国家試験対策の:||

スポンサーリンク

今回は序破急シリーズの番外編である。

 

序破急編はこちらから

医師国家試験対策の序 - 僕が医者になるなんて胃が痛い。続

医師国家試験対策の破 - 僕が医者になるなんて胃が痛い。続

医師国家試験対策の急 - 僕が医者になるなんて胃が痛い。続

 

昨今のインフレ化している国家試験に対してアドバンスに対策するにはどうすればいいかを考えてみたいと思う。

 

必要最低限で良いと思う受験生には不要な話だが、より実践的に生きた勉強がしたい人が対象である。

 

救急が熱すぎる  

医師国家試験データベースの総評にあるように、救急・加齢老年の出題数が激増中である。一方で大きく割合を占めていた産婦人科や小児科の出題数は減り、より研修中に出会うであろう症例が多く呈示されている。

 

この2科目に対する対策法を考えようと思う。まずは救急から。

f:id:irohas111:20170219202909j:plain

 

救急は個人的にはもっと出題数が増えても良い科目だと思っている。何故ならば最も研修医に求められる内容で、非専門医であっても夜間当直などで一生使える知識になるからである。

 

対策法としてはビデオ講座に留めるか、さらに意識を高く持って研修医本を読むかである。 ビデオ講座に関してはmedu4、MEC、TECOMがそれぞれ対策講座を出している。僕はmedu4とMECに関しては視聴済みなので、それらの感想を述べる。

 

浅く広く対策しているのはmedu4、クリティカル疾患を断片的に取り上げているのがMECである。個人的にはMECの内容は後期講座でもカバー出来るので、最初にmedu4でフラットな知識を得ておくのが丁度良いと思う。特に中毒の部分や減圧症・偶発低体温症など、普段の勉強ではカバーできない領域を学習できるので一石二鳥である。

 

ここで余裕のある医学生に是非勧めたいのが研修医本である。その中で特にオススメするのは超有名どころの研修医当直御法度だ。

 
ガチでやる必要性は薄いが、普段の勉強の気分転換に読むと良い勉強になる。”初期対応や鑑別の視点”はこれからの国家試験でさらに問われるので、背伸びして勉強する価値のある部分だと思われる。
 
また、1〜2年後には必ず読む本である。今こういった勉強をして無駄になることなど一切無いと断言できる。※加えて、福井大学の林先生は出題者委員の一人である!
 

加齢老年学も侮れない

次に加齢老年学である。これは現状medu4しか対策講座はない。僕は小児・産婦人科におまけで付いていたので視聴済みである。結論から言うと、やや物足りなさはあるも現状では十分であると感じた。どうしても的を絞り辛い領域であるが、よくまとまった講座である。

 
今回は出題こそなかったが、ロコモティブシンドロームや運動器不安定症などの新ガイドラインにも踏み込んでいたので今後は登場が期待される。また、総論的な内容で、加齢と共に人体がどのように変化するのかといったまとめも有用であった。問題集でも触れる機会がない所なので、1度はまとまった学習をしておくことを勧める。
 
同様に高齢者にまつわるトラブルも多い。一番顕著な問題はポリファーマシーだ。
何剤もの薬を服用している高齢者を題材にした臨床問題で、問題文が長く、トレーニングを積んでいないと何がプロブレムリストなのか分かりにくい。
 
111回で代表的なのは111G63-65の三連問である。直近の過去問を取り上げて傾向を掴んでおくべき分野である。
 

一問一答はもう古い

僕がやって後悔した勉強No.1がデータマニュアルである。

一般総論は一問一答が生命線と思っていたので、死んだ勉強をしてしまった。

※本当の生命線は公衆衛生、小児である。

 

早く気づけば良かったのであったが、国試が終わって振り返って今分かった。選択肢が並んで初めて問題として成立するのであって、〇〇〇は〜〜〜である。(×)といった知識を繰り返すことに意味は無い。

 

そのような時間があればノートを見返して、知識の定着や直近過去問の選択肢一つ一つの確認といった作業に費やせば良かった。

 

昔のようなクイズ王選手権のような重箱の隅をついた過去問オンパレードだったら意味があったかもしれないが、近年の国家試験のスタイルである”最低限必要な知識+実践的で頭を使う問題”には合っていない。

 

やはりやるべき事は深化である。徹底的な過去問の研究。これ以上に意味のある勉強はない。疑わしい疾患を問う問題であれば、その根拠は?次にどの検査をすれば更に確率が高まるのか?治療はどうすればいいのか?効果判定はどうすればいいのか?予後は?といった所まで深化させなければならない。

 

僕はもっとここに時間を費やせば良かったと後悔した。国家試験の勉強かつ頭を使う勉強という一石二鳥のやり方を放棄して、頭を使わない楽な勉強に逃げてしまった。

 

5年次に気づいた事を突き進む勇気が僕には足りなかった。

ameblo.jp

 
112回以降の受験生へのアドバイス。
無価値だと思う勉強は勇気をもってやめよう。