読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が医者になるなんて胃が痛い。続

胃が痛い医者人生をより良く生きるために

僕が国試勉強で使った教材

スポンサーリンク

今回は以前から要望のあった国試勉強で使った参考書を紹介する。

前ブログより

ネット講座、QB、イヤーノート以外に使用した教材、成書やその中で役に立ったものがあれば教えてください。 

 

まとめ

僕の場合は人より持ち合わせている国試用教材は少なめだが、その中でも使用頻度が高かったものを取り上げようと思う。

病見えなどは初期こそ使ったが、国試対策でほとんど開くことが無かったので省略。

趣味で買った研修医本などは後日取り上げることにする。

追記)

www.igaitai111.com

 

・イヤーノート

イヤーノート 2018 内科・外科編

イヤーノート 2018 内科・外科編

 

説明不要の”国家試験メジャー科目の辞書”

僕は主にアプリの方を頻繁に使っていた。

どこまで深く追うかの線引きで、イヤーノートに書いてあるなら覚えようという風に考え、実際にこの深さで十分だった。卒試でも大活躍した。

付録も充実しており、買って良かったと思える参考書no.1である。

 

・シリーズまとめてみた 

精神科 (シリーズまとめてみた)

精神科 (シリーズまとめてみた)

 

整形外科 耳鼻咽喉科 眼科 皮膚科 泌尿器科 

このシリーズは”マイナー科目の敷居を一気に引き下げてくれた参考書”である。

僕は精神科、泌尿器科を主に用いたが満足度は高かった。

まず1周目にこれをやり、後は問題演習をこなせば導入としては十分だ。

 

・病態生理できった内科学

新・病態生理できった内科学 7 神経疾患

新・病態生理できった内科学 7 神経疾患

 

新・病態生理できった内科学 5 血液疾患

”神経がゴミレベルだった僕を一気に得意科目に引き上げてくれた参考書”である。

神経、血液に関しては苦手意識のある人が多いがこの2冊の総論部分を読む事で大概の事は解消される。時間に余裕のある時期なら苦手を克服したい所だ。

 

・標準小児科学

標準小児科学 第8版 (STANDARD TEXTBOOK)

標準小児科学 第8版 (STANDARD TEXTBOOK)

 

この分野に関しては適当なあんちょこ本が無いので標準を選択。

”medu4の小児科で疑問に思ったことを適宜解決する”というスタイルで使用した。

通読は不可能なので辞書としては十二分な内容であった。

 

・STEP公衆衛生

STEP公衆衛生 (STEP SERIES)

STEP公衆衛生 (STEP SERIES)

 

”筆者がMECの高橋先生ということで講義との親和性が抜群”であった。

講義を見返すのはしんどいので、QBなどで疑問を持ってテキストで解消されないときに周辺知識を含めて読み返した。

平素な文章で分かり易いので、これ単独でも戦えると思う。

※公衆衛生がみえるは使用していない。

 

・画像解剖コンパクトナビ

画像解剖コンパクトナビ

画像解剖コンパクトナビ

 

正常のCTやMRI像を示して部位を答えさせる問題は毎年のように出題される。

僕は解剖が苦手でこの手の問題はよく間違えていたので、この参考書で確認した。

今年は頸部のスライスであったが、何とか正解に辿り着くことが出来た。

値段も手頃なので一冊持っていたら心強い。

同シリーズの画像診断コンパクトナビもオススメだ。

 

・3秒で心電図を読む本

3秒で心電図を読む本

3秒で心電図を読む本

 

これは研修医本だがやって良かったと感じている。

”3秒では無理だが、10秒あれば国試レベルはeasyに感じる参考書”である。

ルーティーンで見方を覚えれば、後は機械的に読めるので一生使える知識だ。

初歩的なことは省いているので、基礎は別の参考書で学び、実践的にこれを使用するのがベストだ。

 

・あたらしい皮膚科学

あたらしい皮膚科学

あたらしい皮膚科学

 

定期試験で買ったのでそのままの流れで使った。

皮膚科はぱっと見た目で答える問題も多いので確認には有用であった。

Google先生でも十分に対応可能だと思われる。

 

最後に

基本的にはビデオ講座の枠内で学習し、疑問に思った事はGoogle先生で解決できる。

 

僕の友達では病見え以外何も持っていないという強者もいたが、彼の場合でも疑問に思ったことはGoogle先生もしくは友達に聞くというスタイルは貫いていた。

 

国試を受かるに当たって”必須”な参考書は存在しない。

 

そういった中で弱点の補強や、まとめて学習したい分野に関してはこういった参考書の力を借りることはもちろん有効であるので、今回のまとめを参考にして欲しい。

 

Amazon Studentは10%以上のポイントが付くのでオススメ。

生協に行くよりもお得なので、僕は全てamazonで購入。

その他にも特典が多いので入会を勧める。